新オフィスへの移転について by 橋口寛

少し時間が経過してしまいましたが、先月9月上旬に、我々ユーフォリアは約1年半を過ごした東京駅前の新丸ビルのオフィスから、四谷の新オフィスへと移転しました。

新丸ビル時代の最後の方は、既にオフィスで働く仲間の数が増えていて、オフィススペースに収まりきらなくなっていたので、待望の新オフィスでした。

新しいオフィスは、千代田区六番町の閑静な住宅街にある、もともと在日フランス商工会議所が入っていたビル。

一階にはブティックが、四階には画家だったオーナー(既に故人)の作品を収蔵する画廊も兼ねたレストランが入っている、かわいらしくてユニークな建物です。

当社管理部長の通称「シバケン(柴犬)」こと、柴野が見つけてきて

「いや〜めっちゃいいっすよ!!もうここで決まりっすよマジで!!」

と熱く推挙してきた物件です。

5月には、千葉県房総半島で行った全社合宿で「どんなオフィスにしたいか」を皆でポストイットや模造紙に書き出して、いろんなイメージを共有しました。

それらをできるだけ形にするようにデザインに起こしてもらって、木製のバーカウンターは、なんと弊社株主であるKDDI社のMさんに完全DIYで何度も通っていただいて手作りしていただきました(Mさん、本当にありがとうございます!!)。

皆の思いがこもった新オフィスのお披露目は9月6日金曜日。

当日は、弊社スタッフの家族や、お世話になっているユーザーチームのスタッフの皆さん、選手の皆さん、中央競技団体の皆さん、取引先企業や、株主の皆さん、などなど、延べ100人に迫る多くの皆さんに集まっていただいて、大画面でラグビー日本代表対南アフリカ代表を見ながら、お酒を飲んで、とてもあたたかい時間を過ごしました。(前のオフィスで大変お世話になった大家さんにもご参加いただきました。)

会の序盤にはNECグリーンロケッツ 吉廣選手、川村選手/サントリーサンゴリアス 小川AT/フェンシング日本代表 千葉アナリスト/千葉ロッテマリーンズ 星野アナリストもお越し下さいました!

その温かい移転パーティーから既に一ヶ月半が経過しましたが、社内のメンバー誰もがオフィスに愛着をもって大切にしています。

そして、たくさんの人が遊びに来ていただいています。

我々の思いとしては、たくさんの人たちが、まるで気心の知れた友人宅やカフェに立ち寄るように気軽に立ち寄っていただき、いろんな出会いやコミュニケーションが生まれる場所にしていきたいと思っています。

既にユーザー会や、さまざまなディスカッションミーティング、パブリックビューイングなどで多くの方に交流していただいています。

オフィススペースの中心には、レンガでできた、ゆるやかな間仕切りがあります。

オフィスに遊びに来ていただいたゲストには、黒いマジックでレンガひとつひとつに何かメッセージを書いていただくことになっています。

みなさん、ぜひこれからもたくさん遊びにいらしてください。

そして、レンガにメッセージを落書きしていってください。

今はまだ空白の方が多いレンガのすべてが黒い文字で埋め尽くされた時、ユーフォリアと「ONE TAP SPORTS」は、今よりもはるか先まで進んで居ることと思います。

この新しいオフィスをスプリングボードとして、我々はもっともっと多くの価値を多くのユーザーに届けていきたいと考えています。

これからも宜しくお願いいたします。

オススメの関連記事

  1. 【SAJ2019レポート】選手育成についていわきFCとの登壇…

  2. Happy New Year 2019 〜仲間と共に歩む道〜…

  3. 【MIT SSAC2019 】MITスポーツアナリティクス・…

  4. キャンプの季節 by 橋口寛

  5. 当事者として迎える東京五輪2020 by 橋口寛

  6. 会社としての青春時代 by 橋口寛

PAGE TOP