【3度目の全社合宿】

先週の金曜日と土曜日に、ユーフォリア全社での合宿を行いました。
我々にとっては、極めて大切な二日間でした。

全社でやる合宿は、これが3回目。

一年前の秩父での合宿では、参加者はインターン含めて6名でした。
半年前の千葉での合宿では、11名に仲間が増えました。
そして、今回の合宿では、二日間で20名のメンバーが参加しました。

長年にわたるパートナーである、東京セブンズラグビースクール校長の村田祐造さんと同校の漆沢さんには、タグラグビーを用いた素晴らしいチームビルディング研修をしていただきました。
同じく長年のパートナーである、NPO法人スポーツセーフティージャパン代表の佐保豊さんには、二日目のプログラムに終日参加いただきました。

初日は、これから進むべき未来を思い、ディスカッションをし、ワークをし、4チームに分かれてタグラグビーをして、最後にまた別の4チームに分かれて料理対決をしました。
タグラグビーはあいにくの雨で急遽室内に変更になりましたが、最高に楽しくてなおかつ本当に勉強になりました!!
(室内だったので、コンバージョンキックのかわりに、あっち向いてホイで2点を狙うw)

そして料理は、意外な特技が見えたりして、本当においしかった!

初日の深夜まで活動をしてから迎えた二日目は、一日全メンバーのライフストーリーをプレゼンしました。

それぞれがなぜユーフォリアにいるのか、
ユーフォリアで何を成し遂げたいのか。

当たり前ですが、それぞれの人生にはすごくカラフルで豊かなストーリーがあって、
チャレンジしてきたことや、さまざまな蹉跌や、時には思い出したくないような出来事もあって、
そして、何かしらこの人生で成し遂げたい、という思いがある。

そういう多様性溢れるメンバーたちが、一年前や二年前には、名前もお互いに知らなかった仲間たちが、こうして自らの意思決定を経てここに集まったこと。
同時代に同じ場所に集まったことの奇跡をあらためて思います。

そして、このメンバーで合宿ができるのは、今この瞬間だけ。
お互いのことを深く知り合えた、素晴らしい合宿でした。

ユーフォリアという船は、まだまだ小さくて速度も低く、航行しながら補修強化を重ねている状態です。
目指すレベルにはまだまだ遠いけれど、一足飛びには大きくならない。

これからも少しずつ新しい仲間を増やしていきながら、船を大きくしていきながら、目指すビジョンに向かって走り続けたいと思います。

オススメの関連記事

  1. 12周年目を迎えたユーフォリア

    創業12年目を迎えて by 橋口寛

  2. ユーフォリアが大切にする価値観について by 橋口寛

  3. 【MIT SSAC2019 】MITスポーツアナリティクス・…

  4. キャンプの季節 by 橋口寛

  5. 採用にあたって重視すること(4つの愛) by 橋口寛

  6. 【第15回 丸の内スポーツラボ】ライフパフォーマンス講演 「…

PAGE TOP