【プレスリリース 】「ONE TAP SPORTS」と「Knows」がデータ連携を開始

ONE TAP SPORTS|Euphoria Co.,Ltd. - KnowsGPS

〜体調データとGPSデータを重ねてパフォーマンスを「見える化」し、学生スポーツ向けに展開していきます〜

株式会社ユーフォリア(本社:東京都千代田区 共同代表:橋口 寛/宮田 誠)は、同社が開発・提供するアスリートのコンディション・体調管理システム「ONE TAP SPORTS(ワンタップ・スポーツ)」において、SOLTILO Knows株式会社(本社:大阪府吹田市)の開発するウェアラブルセンシングデバイス「Knows」とデータ連携を開始したことをお知らせいたします。

ONE TAP SPORTSとGPSデータ連携が可能なデバイスのラインナップとして、すでに「CATAPULT」「GPSports」「STATSports」「VX SPORTS」の各デバイスがあり、今回新たに「Knows」が加わることになりました。
本連携により、Knowsで計測したGPSデータ(走行距離や歩数など)、運動強度(試合や練習のキツさ・負荷)、心拍データなどの数値をONE TAP SPORTSに取り込み、アスリートの日々のコンディションデータに重ねて表示させることができるようになります。それによりチームスタッフは、より精度の高い練習メニューの設計や、疲労回復のためのリカバリー計画を立てることができるようになります。
また、Knowsは低価格でGPSデータ測定を導入できることから、大学・高校の部活動での利用実績が豊富なため、ONE TAP SPORTSとの併用による相乗効果が見込まれます。特に予算規模が限られるような大学・高校の部活動向けに、両社は販売連携も行い、双方のユーザーに対しさらなる価値を提供できるよう取り組んでまいります。
ONE TAP SPORTSは今後も様々なデバイスやサービスとの連携を通じて、アスリートのパフォーマンス向上や怪我の予防に貢献してまいります。

■Knows(ノウズ)について(http://know-s.com/)
「Knows」は、心拍数・走行距離・疲労回復などのデータを瞬時に測定し、運動強度をリアルタイムに数値化するGPSセンサーを販売。パフォーマンスや運動能力を曖昧にせず、具体的に数字に落とし込み、科学的視点で事実と理論に基づいたコンディション管理やパフォーマンス向上の指導・育成の実現を目指しています。

■ONE TAP SPORTS(ワンタップ・スポーツ)について(https://www.one-tap.jp/top)
「ONE TAP SPORTS」は、「ONE TAP CONDITIONING」機能・「ONE TAP INJURY」機能で構成され、試合や練習を通じて得られる行動データに加えて、食事メニューやケガの状態など組み合わせて分析することにより、トレーナー・コーチ・監督等の指導者がアスリートへ適切な指導やアドバイスを行うことを可能にするシステムです。
アナログでの情報収集・管理・指導が主流だったスポーツの現場において、アスリートのコンディションなどさまざまな情報を「見える化」し、コンディション管理・パフォーマンス向上の実現をサポートしています。現在、ラグビー日本代表をはじめとする日本代表では14競技、プロチームを中心に国内外で40競技・350チーム以上に導入されています。

■株式会社ユーフォリア について
ユーフォリアは「データドリブンでコンディションを科学する」をミッションに、アスリートのコンディション管理、ケガ予防のためのSaaS型データマネジメントシステム「ONE TAP SPORTS」を開発・提供するスポーツテック企業です。より安全で楽しく、かつ効率的にスポーツを行う環境整備にデータ面から貢献してまいります。

本社  :東京都千代田区六番町5-5 飯田ビル2階
設立  :2008年8月18日
代表者 :代表取締役/共同創業者 橋口 寛・宮田 誠
事業内容:スポーツデータサイエンス/スポーツ領域におけるシステム開発・保守・コンサルティング
URL   :https://www.eu-phoria.jp/

【本件に関するお問合わせ先】
株式会社ユーフォリア 広報担当 E-mail:pr@eu-phoria.jp

オススメの関連記事

  1. 睡眠科学でアスリートをサポート!スタンフォード睡眠・生体リ…

  2. スポーツアナリティクスジャパン2017に協賛出展します

  3. Euphoria

    KDDIおよびアシックス・ベンチャーズからの資金調達および業…

  4. ONE TAP SPORTS, Euphoria

    【メディア掲載】SPORTS PICKS:ラグビー日本代表、…

  5. 【オフィス移転のお知らせ】

  6. MIT SSAC 2017 報告会を開催しました

PAGE TOP